介護保険と介護認定
介護保険のサービスを利用するには、介護認定を受けることが必要です。要介護認定を受けるためには、住んでいる市区町村の窓口に申請を行います。如月介護サービスでは専属ケアマネージャーが申請のお手伝いを行っています。また申請の代行も無料で行っていますので、お気軽にご相談ください。
  •  介護保険を利用できる方Open or Close
    65才以上で介護認定が必要です。
    65歳以上の方は市区町村が実施する要介護認定において介護が必要と認定(要介護認定)または支援が必要と認定(要支援認定)された場合には、いつでもサービスを受けることができます。またいずれも介護保険に加入しているご本人(第一号被保険者)であることが前提にあります。

    寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)であると、市町村の認定を受けた方。

    常時の介護までは必要ないが、家事や身じたくなど、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)であると、市町村の認定を受けた方。

    • 65才以上
    • 介護認定

    脳血管疾患など老化が原因とされる16種類の病気(特定疾病)により、要介護状態や要支援状態にあると、市町村の認定を受けた方。

    16特定疾病/平成18年4月~
    01.末期の悪性腫瘍 / 02.多発性硬化症 / 03.重症筋無力症 / 04.スモン / 05.筋委縮性側索硬化症 / 06.脊髄小脳変性症 / 07.ハンチントン病 / 08.進行性筋ジストロフィー症 / 09.パーキンソン病関連疾患 / 10.多系統委縮症 / 11.プリオン病 / 12.亜急性硬化性全脳炎 / 13.ライソゾーム病 / 14.副腎白質ジストロフィー / 15.脊髄性筋委縮症 / 16.球脊髄性筋委縮症 / 17.慢性炎症性脱髄多発神経炎 / 18.後天性免疫不全症候群 / 19.頸髄損傷 / 20.人工呼吸器を使用している状態

  •  介護保険と利用者負担Open or Close
    原則介護サービス利用料金の1割負担です。
    介護保険サービスを利用した場合の利用者負担は、原則として介護サービスにかかった費用の1割です。
    施設介護を利用する場合「施設サービス費」の1割負担、一定以上の所得がある方は2割負担となりますが、住居費、食費、日常生活費はそれぞれの施設が設定した費用をご負担いただきます。
    在宅サービスは要介護度によって費用は異なりますが、1割負担もしくは2割負担となります。またひと月にかかる費用の限度額が設けられていて、それを超えた分については全額自己負担となります。
    2割負担の所得制限とは、その人の合計所得が160万円以上あり、同じ世帯の第1号被保険者(65歳以上の人)の「年金収入+そのほかの合計所得(給与収入や事業収入などから控除や経費を引いた額)」を合算した場合に、単身世帯で280万円以上、2人以上で346万円以上を指します。
  •  介護認定の申請についてOpen or Close
    市町村窓口へ申請します。
    介護が必要となったら、まず要介護認定の申請が必要です。介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態であることなどについ て認定(要介護認定)を受けることが必要です。要介護認定を受けるためには、住んでいる市町村の窓口に 申請が必要です。原則として30日以内に結果が通知されます。
  •  ご相談窓口Open or Close
    介護認定申請代行や認定後のご相談は当居宅介護支援「卯月事務所」へ
    居宅介護支援事業所「卯月事務所」は八王子市の指定を受けて、居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)を配置しているサービス事業所です。
    居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)は介護の専門的知識を広く持っており、介護サービスを利用する際の相談に応じたりアドバイスを行っています。心身の状況、環境、ご本人や家族の希望等を考慮して介護サービス計画(ケアプラン)の作成を行います。

    在宅で高齢者を介護される方の、介護に関する総合的な相談に応じ、ニーズにあった保険、福祉サービスが総合的に受けられるよう市町村、関係機関との連絡調整を行います。

    高齢者が住み慣れた自宅や地域で生活できるように、必要な介護サービス・保健福祉サービスやその他日常生活支援などの相談に応じてくれます。

  •  ケアマネージャーの仕事Open or Close
    所属ケアマネージャーが申請からケアプラン作成までお世話します。
    居宅介護支援事業所「卯月事務所」は八王子市の指定を受けて、居宅介護支援専門員(ケアマネジャー)を配置しているサービス事業所です。
    居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)は介護の専門的知識を広く持っており、介護サービスを利用する際の相談に応じたりアドバイスを行っています。心身の状況、環境、ご本人や家族の希望等を考慮して介護サービス計画(ケアプラン)の作成を行います。
    • 介護に関するご相談
      専門知識を持った介護支援専門員(ケアマネージャー)がご本人やご家族の介護に関するお悩みをお伺いします。
    • 要介護認定の申請・更新手続き
      ご本人に合った居宅介護サービス計画(ケアプラン)を作成いたします。
      ご利用者様の費用負担はございません。
    • 介護サービス事業者との連絡調整
      居宅介護サービス計画(ケアプラン)に基づいて適切な介護サービス事業者を選定し、事業者との連絡・調整を行います。
    • 要介護認定の訪問調査
      介護認定の更新時、または要介護認定の変更申請がされた場合の調査などを行っています。
    • 介護施設のご紹介
      ご本人やご家族の状況を踏まえてご利用可能な介護施設のご紹介や見学会などの手配を行います。
    • 住宅改修の申請・アドバイス
      バリアフリー工事など住宅改修の事前申請や費用の限度額・補助金などについてアドバイスを行っています。
    • 福祉用具のご相談・手続き
      在宅生活を支えるサービスのひとつに福祉用具があります。専門業者のご紹介やレンタル・購入の手続をお手伝いします。